アルギニンのサプリっていいの?摂取のタイミングは?

アルギニンのサプリっていいの?摂取のタイミングは?

945c1409db63e1833572d531fff191d1

アルギニンは成長ホルモンを分泌す作用などがあり、私達にとって
欠かせない栄養素です。

体内で生産されるんですが、加齢になると必要な量が生産されなかっ
たり、子供の成長期ですとまだ生産される量が少なかったりします。

その分、サプリメントで摂取してアルギニンを補ってる人が多いです。

食品に含まれるアルギニンだけで摂取してれば問題ないのですが、サ
プリメントで過剰摂取した場合は副作用が起こる可能性があるので、
過剰摂取にはならないように注意してくださいね。

サプリメントは色々な種類があり、迷ってしまうんですが、どのサプリ
メントでも大丈夫なのでしょうか。

摂取のいいタイミングなどはあるんでしょうか。

もし不足した場合はどうなるのかなど、調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

アルギニンが不足したらどうなるの?

skincare99

アルギニンの1日の摂取量は1~8gになります。

食事などで補えれば一番いいのですが、忙しかったり育児や一人暮ら
しなどでなかなか摂取できなくて不足してしまう事もあるかもしれ
ません。

子供の成長だったり、加齢だったりすると健康な体を作るために不足
になるので、もしかしたらいろんな影響が出るかもしれません。

成長ホルモンの分泌を促したり、疲労回復、生活習慣病の予防、免疫
力の向上、はたまた男性機能や美容などの効果があるのに。

なるべくバランスのいい食事をしてアルギニン不足を解消しましょう。

スポンサードリンク

アルギニンのサプリっていいの?

rp_69b66d9ad7bf0a25d7dbd3d74ac1eeef_s-300x200-1-260x200.jpg

アルギニンは体内で必要な量が不足している人はサプリメントなどで
補ってる人も多いです。

運動で体を鍛えてる人で飲まれてる人も多いです。

過剰摂取しないように心がけていればサプリメントもいいのですが、
サプリメントはどれも大丈夫なのでしょうか。

それとも特定の効果を重視して選んだりするのでしょうか。

加齢でアルギニン不足してる人や子供用のサプリメント、またアスリート
筋トレを重視してる人によって色んなサプリメントがあるようです。

子供用のサプリメントも多く、成長ホルモンの分泌によって、身長アップ
だったり、骨や筋肉の成長を助けるので、注目を集めているようです。

男性でしたら、男性機能の改善などもあるので、用途に沿って飲まれてい
るようです。

サプリメントは粉かカプセルがあると思いますが、人気があるのはカプ
セルです。

粉末ですと、すぐに飲みにくいのと苦味などもありますので、飲み込む
事が出来るし、気軽に飲めるカプセルの方がいいのでしょう。

アルギニンのサプリメントには「アルギニン」と「Lアルギニン」と書か
れているのがあります。

でも表記が違うだけで、違いは特にないので、気にせず購入されても大
丈夫ですよ。

品質や機能は同じですから。

アルギニンのサプリの摂取のタイミングは?

rp_e8b790369ace9ae2b31454705fffe158-e1434103378168-300x200.jpg

アルギニンを摂取するのにいいタイミングはあるのでしょうか。

成長ホルモンは就寝時の22時~午前3時に多く分泌すると言われてい
ます。

ですので、摂取するのであれば就寝前が効果的でしょう。

またアスリートや筋トレをする人は筋トレの1時間くらい前にも摂取する
と、一酸化窒素を生成し、血流が良くなるので、筋力トレーニングの
効果をサポートしてくれますよ。

サプリメントとしてのアルギニンの摂取量は1日3~5gが一般的と言われ
ています。

筋トレですと、その倍くらいが目安です。

ただ体重によっても変わってくるので、過剰摂取しないように用法・容量
を守って摂取してくださいね。

まとめ

アルギニンのサプリメントは過剰摂取しなければ食事と併用して飲んで
る人も多いです。

成長ホルモンを分泌させるので、子供用のサプリメントも出てますし、
筋トレする人なども飲んでいます。

サプリメントの摂取のタイミングとしては夜に成長ホルモンが分泌される
ので就寝前がいいです。筋トレでしたら筋トレの1時間くらい前にも摂取
するといいでしょう。

用途や体重によって摂取量も変わってくると思うので、用法・容量を
守って摂取するようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事はコチラ

アルギニンは副作用はあるの?摂取量の目安は?

アルギニンを多く含む食品は何がある?効果は?

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ