東尾理子が妊活で飲んでる葉酸サプリは?第3子妊娠で性別は?

東尾理子が妊活で飲んでる葉酸サプリは?第3子妊娠で性別は?

東尾理子さんが飲んでいる葉酸サプリはコチラ
        ↓  ↓  ↓         

石田純一さん(63)の奥さんの東尾理子さん(41)が第3子の妊娠を
発表しましたね。

今現在、妊娠5ヶ月で出産予定は4月だそうです。

東尾理子さんは2009年12月に石田純一さんと結婚。

2010年4月から産婦人科に通い始めてタイミング法や人工授精を何回か
行っていますが、タイミング合わず。

2011年7月に転院して体外受精も挑戦されています。

それでもなかなか着床しなくて、毎月採卵はされたりしていました。

2012年の時に凍結胚(受精卵)を移植したら妊娠が判明したそうです。

2012年11月に長男の理汰郎くんを出産されています。

2014年6月から第2子妊活を再開されていて、一度は科学流産されています。

2015年で採卵などしても空砲だったり着床しなかったり。

2015年7月中旬で4月の凍結胚(受精卵)を移植して着床され、2016年3月に
第2子の長女・青葉ちゃんを授かっています。

そして、青葉ちゃんの時の凍結胚(受精卵)を今年の夏に移植して妊娠
至ったそうです。

精神的にも大変だったと思います。妊娠、おめでとうございます。

東尾理子の妊活「TGP」とは?

011_image02
東尾理子さんは妊活をとても前向きに考えているところはすごいと思い
ます。

東尾理子さんが名前を付けたという造語「TGP」。

「Trying to Get Pregnant」という言葉。

妊娠しようと頑張っているという意味の言葉です。

でも、妊活をする人にとっては失敗談もひっくるめて全て伝えてくれる
東尾理子さんは精神的にも心強いと思います。

以前は「妊活」という言葉もなかなか世の中には浸透されてませんでした。

多分ですが「妊活」が広まったのは、森三中の大島美幸さんではなかった
かなと思うんです。

なかなか人前で「妊活」と言う言葉は口にできませんでした。

恥ずかしさもあり、絶対成功するとは言い切れませんでしたし。

でも、大島美幸さんは世間に伝えて「妊活」を理由に仕事もセーブして
お子さんも誕生されました。

そこから皆も「妊活」という言葉を使うようになったのではないかと思わ
れます。

東尾理子さんも自分の造語を作って何年も妊活をして、それでも何年も
明るくふるまっているのはすごいことだと思います。

第2子の時空砲続きだった時は妊活を2ヶ月の間、休んで、その間思いっきり
遊んでリフレッシュしたそうです。

続けることも大事ですが、リフレッシュするのもとても大事ですよね。

そのおかげなのか、第2子も無事に出来まして、今回は第3子ですから。

夫婦が仲がいいのもあったかもしれませんね。

東尾理子が妊活で飲んでる葉酸サプリは?

i_10026_item_image_path_1
東尾理子さんもやはり妊活中は葉酸を飲んでたみたいです。

妊活中に葉酸は1日400マイクログラム摂取したほうがいいとと言われてます
からね。

妊娠する前からしっかり必要な栄養素を取っておくことが大事です。

東尾理子さんが飲んでいる葉酸サプリは「美的ヌーボプレミアム」です。

葉酸400マイクログラムは勿論ありますし、他に鉄分15㎎、ビタミンC500㎎、
ビタミンE302㎎、DHA&EPA138㎎/15㎎が配合されています。

総合的に栄養補給が出来てしまいますね。

美的ヌーボは1日たった5粒で29種類の栄養素が摂れてしまうのです。

さすが東尾理子さんが飲んでるだけあって、ちょっとお高いんですが、厳選
された野菜や果物などの天然素材を使用して作られているので、食べ物に
近くなっています。

お母さんと赤ちゃんの体に負担なく摂ることができるのです。

体に負担がかかる着色料・保存料・酸化防止剤、化学合成されたビタミンな
どの合成添加物は一切使用してないのです。

さらに、放射能セシウム検査で「検出なし」を確認。

アメリカ食品医薬局認定のGMP基準の工場で厳しい管理体制の元に製造して
います。

1日分ずつ個別包装してますので、持ち運びにも便利です。

定期コースですと、通常価格が8,640円ですが、20%OFF6,912円になって
いて、送料無料です。

定期コースですと6回以上の継続が必要になってきますが、葉酸は継続する
ものなので、そこは問題ない気がします。

妊娠された東尾理子さんと同じものを摂ると、自分も大きな活力になるか
もしれないですね。

東尾理子さんが飲んでいる葉酸サプリはコチラ
        ↓  ↓  ↓         

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ