もち麦ダイエット方法の食べる量と炊き方を知ろう!口コミは?

もち麦ダイエット方法の食べる量と炊き方を知ろう!口コミは?

54eaa50db8f9f

今、たくさんのダイエット方法がありますよね。

たくさんありすぎてどれが効果があって、どの方法が
一番いいのか、正直悩みませんか?

無理すると体にもよくないし、かと言ってリバウンド
も怖いですしね。

体にもいいダイエットと探しているときにもち麦ダイ
エットという言葉を見つけました。

あまり聞いたことがないワードでしたので、逆に興味
があり、もち麦ダイエット方法を調べてみました。

食べる量や炊き方が分かると便利ですからね。

また、それに関する口コミも調べてみました。

スポンサードリンク

もち麦とは?

hakubaku_mochimugi_gohan03

まず、もち麦とはどういうものでしょうか。

もち麦と言うのは、大麦の一種で、もち性の大麦になり
ます。

もち性なので、もちもちやプチプチといった食感が味わ
え、お米とはまた違って美味しいです。

しかも白米や玄米に比べてすごく豊富に食物繊維が含まれ
ているんです。

白米と比較すると25倍、玄米と比較しても約4倍
食物繊維が含まれているんですよー、凄くないですか。

それにもち麦は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方
をバランスよく含んでいるんです。

この水溶性食物繊維のうち、βグルカンの成分がダイ
エットに役立つと言われています。

糖質や脂肪の吸収を防いでくれるので、ダイエットに効
果があるんだとか。

白米や玄米と比較してカロリーも低いので、ダイエット
効果にいいと言われているんですよ。

スポンサードリンク

もち麦ダイエット方法と炊き方は?

E518046H_L

もち麦ダイエットの方法は簡単です。

白米と一緒に炊くだけなので、簡単です。

割合としては5割炊きで、白米1に対してもち麦も1に
なります。

・白米だけをまず洗ってください。

・洗い終わってからもち麦を入れ、軽くかき混ぜます。

・水を若干だけ多めにいれてセット。

これで終わりです。

いつもご飯炊くようにセットして、そこにもち麦を入れて
水をすこしだけ加えるだけですね。

水の量ですが、もち麦の倍と覚えてください。

もち麦が50gでしたら、水は100ml

もち麦が100gでしたら、水は200mlです。

あとは、慣れれば自分で加減していって下さいね。

もち麦ダイエット方法の食べる量は?

もち麦ダイエット方法のご飯の炊き方は分かったとして、
次に食べる量ですね。

食べる量ですが、お茶碗に1杯です。

普段の食べる量と一緒だと思う人もいるでしょう。

普通に食べるだけでいいですよ。

朝食に食べて昼と夜は白米でも大丈夫ですし、朝食と
夕食に食べるというのでも大丈夫です。

とりあえず2週間は続けてみてください。

2週間で大体が腸内環境が整う時間になりますから。

個人差はあると思いますがそれぐらいで徐々に結果が出
てくるそうですよ。

関連記事⇒もち麦の効果の期間は?血圧を下げたり便秘改善も?

もち麦ダイエット方法のやり方の口コミは?

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

もち麦ダイエット方法をやられてる人は多いようです。

どんな方法でやられているか口コミを見てみましょう。

・白米ともち麦を1:1の割合で炊いて食べてます。
お通じにいいそうですが、もともといいので、効果は
よくわかりませんが、食感はプチプチして美味しいです。

・白米3合につきもち麦を100g混ぜて炊いてます。白米
だけよりも噛み応えはあってプチプチした食感で美味
しいです。お腹の調子はすごくよくなりました。

・もち麦2割の状態で食べてます。見た目の変化は変わら
ないですが、体は軽くなった気がするので、もう少し
やってみようと思います。

などの口コミがありました。

色々な方法で食べてるようです。

まずは5割でやってみて、あとは自分の好みに合わせて
変化してもいいですね。

関連記事⇒もち麦の効果は血糖値やコレステロールも下げる?

まとめ

もち麦ダイエット方法の炊き方と食べる量を調べました。

白米1に対してもち麦1の割合で、白米を研いで水を入れ、
もち麦を入れて、もち麦の倍の水をまた入れてくださいね。

食べる量はお茶碗に1杯になります。

結構、満腹感は得られますよ。

口コミを見てもいろいろな方法でやられていますので、後
は自分の好みで調整していっていいと思います。

スポンサードリンク

関連記事はコチラ

もち麦の効果の期間は?血圧を下げたり便秘改善もあるの?

もち麦の効果は血糖値やコレステロールも下げる?

もち麦ダイエット方法は効果なし?口コミは?

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ