夏のシミ対策 日焼け止めの効果的な塗り方と塗り直しの時間は?

waman6

春が終わりだんだん暑くなってくるとやはり気になるのが
夏のシミ対策ですよね

毎年シミ対策には苦労されている方もいらっしゃると思いますが
なんといっても大敵はあのギラギラ紫外線

女性のデリケートな肌は紫外線を浴びると活性酸素でものが
作られるんですけどそれによってだんだん肌が老化しちゃうんです

今回は夏に向けてシミ対策をどうすれば良いのかご紹介します

スポンサードリンク

夏のシミ対策 メラニン色素は悪者なの?

シミの原因としてあげられるものって色々あるとの思うのですが
その中でもメラニン色素を思い浮かべる人も多いんじゃないでしょうか?
私もメラニン色素はお肌にとって悪影響を及ぼすと思っていました

でも実はメラニン色素は私たちの肌を紫外線から守ってくれる成分なんです

でも年齢や体調などが原因でメラニン色素の排出が少なくなったり
バランスを崩すことによってシミの原因に!!
若い頃って海とかキャンプとか行って日焼けしても
数日で元の肌の色に戻っていませんでしたか?
でも、だんだんと日焼けしたところがシミになってしまったり・・・

メラニン色素の排出のバランスが崩れるとシミになってしまうんですね

逆に言えば過剰に「メラニン色素を作らないようにする」
「作られたメラニン色素をバランスよく排出する」ことが出来れば
シミ予防になるってことなんです

じゃあ、実際シミ予防ってどうすればいいのか?
具体的な方法を見ていきましょう

スポンサードリンク

シミ予防 これは必須ですよ!!

やっぱり日焼け大敵 日焼け対策

メラニン色素の排出量が過剰に増えバランスを失う原因になってしまうのが
やはり日焼けです

今や日焼け対策はシミはもちろんしわ対策にも効果的というのが
常識です

屋外を出歩いたりするときは日傘はもちろん日焼けしやすい腕などにはアームカバーなども
したほうがいいかもしれません

出来れば長袖を着ていくのがいいのですが真夏の暑い時に長袖なんて
無理があります

もちろん通気がよく暑さを感じない服もありますが、場所によって
そういう服を着れない場合もありますからね

となると、必要となってくるのが日焼け止めです

日焼け止めもきちんと塗りお肌をカバーすればシミ対策には
効果的ですからね

自分の肌に合う日焼け止めを探して効果的に塗ることを
おススメします

関連記事⇒紫外線アレルギー日焼け止め 市販のおすすめや選び方

日焼け止めの効果的な使い方

シミ対策に有効とされる日焼け止め

でもヤミクモ塗るだけじゃ逆効果になってしまうかも!!

日焼け止めを塗るうえで欠かせないのが保湿効果です

日焼け止め前の化粧水

日焼け止めを塗る前に必ず化粧水で保湿するのが重要!!
お肌が保湿することで日焼け止めの浸透が良くなります

日焼け止めを塗る順番としては

1.化粧水を塗り保湿効果

2.日焼け止めを塗る

3.お化粧下地&ファンデ

という感じです

化粧水は重ねづけ不要でムラが出にくいクリームタイプがおすすめです

関連記事⇒紫外線アレルギーで顔にニキビ 赤みなどの症状

日焼け止めの塗り直しは何時間がベストなの?

外出して時間がたってしまうと汗や油などでどうしても
日焼け止めは落ちてしまいます

なので2時間~3時間おきぐらいに日焼け止めを塗りなおすのが
ベストです

日焼け止めを塗りなおすときは必ず顔の汗や油をふき取りましょう

これは結構重要で

朝、きちんと日焼け止め塗ったのにシミが!!という人は
塗り直しの時にこれをきちんとしていない人が多いんです

少し面倒ですがこれをするのとしないのとでは、のちに全然
違ってくるのでぜひ試してみてくださいね

まとめ

今回は夏に向けてシミ対策についてご紹介しました
日焼け止め塗ったり少し面倒ですが、きちんとお肌を
ケアしてあげることで結果が全然変わっていきますからね

日焼け止めを塗りなおす場合また丁寧に塗るのが面倒なので
スプレータイプもおススメですよ

ぜひ参考にしてみてくださいね

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ