妊娠初期症状の基礎体温は?日中の基礎体温が低い場合

妊娠初期症状の基礎体温は?日中の基礎体温が低い場合

250152

妊娠を望む人にとって基礎体温計は必須アイテムです。

日ごろから基礎体温をつけていれば、妊娠だけでなく、
体調の変化に気づくこともできるかもしれません。

今回は、妊娠初期症状の基礎体温の特徴について、
ご紹介していきます。

スポンサードリンク

妊娠初期症状の基礎体温は何度?

基礎体温は、体が最も安静な時、通常は朝目覚めた時に
一番安静な状態にあるときの体温のことです。

女性の基礎体温は、ホルモンの働きで「生理日」と
「排卵日」を境目に、高温期と低温期の2つに分かれ、
妊娠しない場合は、このサイクルをずっと繰り返します。

妊娠初期症状 胸の痛みや肌のかゆみが気になる

生理から「低温期」(約2週間)⇔ 排卵日から「高温期」(約2週間)

それが妊娠すると、いつも生理開始とともに急降下する基礎体温は、
下がらずに高温期を保ったままとなります。

高温期が2週間以上続く場合には、妊娠の可能性が高いといえます。

では、高温期とはいったい何度くらいをいうのでしょう?

個人差もありますが、高温期は、基礎体温計で測定して
36.7度以上くらいが目安だといわれます。

しかし、元から基礎体温が高い人もいれば低い人もいます。

一概には言い切れませんので、しっかり区別を付けるためには、
何周期も基礎体温をつけるとおおよそ予測がつくかと思います。

低温期の平均から約0.3~0.5度上がったら高温期と考えましょう。

重要なのは、高温期の基礎体温が何度から?というよりも、
基礎体温グラフが低温期と高温期の二相に分かれているかどうかです。

何周期分かの基礎体温グラフがあることで、きちんと排卵が
行われているか、排卵日の予測も立てることができます。

スポンサードリンク

基礎体温は高温 日中の体温も高めが続くの?

基礎体温の高温期と低温期の体温差が起きるのは、
生理と排卵が女性の体内で起こっていることに関係します。

これにはホルモンの増加が体温変化に大きく関わっています。

妊娠初期症状のつわりを感じない 流産の危険があるって本当?

高温期は、“黄体ホルモン”の分泌によって体温が上がる仕組みで、
日中も夜間も体温が高いのが特徴です。

興味深いことに、眠りと体温の関係はとても密接な関係。

普通体温は、日中高く、夜寝る頃は低下するものですが、
高温期は、夜になっても体温が下がりにくく、昼と夜のメリハリが
小さいんだそう。

また、体が夜モードに切り替わることを示すメラトニンの
分泌量も少ないため、眠りが浅くなりやすいんだとか。

妊娠初期症状に、眠気やだるさが起こるのは、
このためだったのですね。

妊娠初期症状はいつから 熱と腰痛の原因と対策と風邪っぽいのはいつまで

日中または夜の体温が基礎体温より低いのは関係ない?

妊娠したかどうかが気になってしまって、1日に何度も
基礎体温を測ってしまう・・・

体温の変化に敏感になりすぎて、一喜一憂していませんか?

基礎体温は、朝目覚めた時の一番安静な状態の体温のことです。

日中は、朝一の状況とは違い、室内の温度や湿度、
活動内容によっても体温は大きく変化します。

朝測って、日中もう一度体温を測った時に、基礎体温より
低かったとしても、あまり心配する必要はないそうです。

また、それは夜に測った場合も同様です。それは基礎体温とは
言えません。

大切なのは、

“朝一に測った基礎体温が高温かどうか”

ということ。

不安材料が増えると、ストレスにつながることもあります。

朝一の計測以外は、必要なデータにならないので、
日中や夜の体温が低かったとしても、あまり気にしない
ようにしましょう。

まとめ

妊娠初期の基礎体温についてまとめてきましたが、
いかがでしたか?

基礎体温は、妊娠を確認するのにとても役立つ
アイテムのひとつです。

まずは排卵が行われているかを確認するためにも、
基礎体温を測ることを習慣づけて、何周期分か
続けてみましょう。

もし、何か異変を感じたらきちんと産婦人科の
先生に診てもらってくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

妊娠初期症状のつわりを感じない 流産の危険があるって本当?

妊娠初期症状 胸の痛みや肌のかゆみについて

妊娠初期症状はいつから 熱と腰痛の原因と対策と風邪っぽいのはいつまで

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ