紫外線で肌荒れや顔がぶつぶつになる症状の原因とは?

紫外線で肌荒れや顔がぶつぶつになる症状の原因とは?

rp_300x224-1-1-300x224-1-1-300x224-1-300x224-1-300x224-1-300x224.jpg

夏は色々な遊びもあるし、気軽に出かけられる季節だしで
たくさん楽しいことが待ち受けています。

しかし、一番の悩みは紫外線ではないでしょうか。

紫外線で肌荒れや顔がぶつぶつになったりする症状があると
のことで、調べてみました。

スポンサードリンク

紫外線で肌荒れや顔がぶつぶつになる症状とは?

red-face-1

紫外線によって、肌荒れや顔がぶつぶつになる症状があります。

単純に日焼けによって、メラニン色素が遅かったり足りなかっ
たりして肌荒れを起こしてしまう場合もあります。

しかし、それが原因ではない可能性もあるんです。

それは「紫外線アレルギー」と呼ばれるものです。

または「光線過敏症」や「日光アレルギー」とも呼ばれています。

この紫外線アレルギーでも同じような症状がおこるので、もし
紫外線アレルギーかもしれないなと思ったらすぐに皮膚科に受診
された方がいいですよ。

スポンサードリンク

紫外線アレルギーとは?

rp_20150703085950-300x185.jpg

紫外線アレルギーとは、紫外線を浴びることによって特に日光
にあたる部分の顔を含めた肌が赤く腫れたり、湿疹という言わ
ゆるぶつぶつができたり、かみゆやかぶれが出来たりします。

一般の人では紫外線を浴びても何も感じないときでも、紫外線
アレルギーの人だとアレルギー症状が出てしまうのです。

目も痒くなったり、頭痛まで起こる人がいます。

しかも突然発症しますし、完治はと言うと難しいとも言われて
います。

ですからすぐに治らなかったりしたら皮膚科にすぐに行ったほう
がいいでしょう。

関連記事⇒紫外線アレルギー 目の周りも症状 眼科へ行くの?

紫外線アレルギーの症状は肌荒れや顔がぶつぶつになる?

rp_3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s-300x199-300x199.jpg

紫外線アレルギーは赤く腫れたり、かゆみやかぶれ、湿疹や水
ぶくれ、蕁麻疹など肌荒れが起こったりぶつぶつになったりしま
す。

顔などの肌に出来たり、腕や首、目にもできたりします。

単にメラニンの生成の関係で肌荒れや顔がぶつぶつでしたら
冷やしたり保湿したりしますが、それでもまだ全然治らないと
いう場合はすぐに皮膚科に行き、紫外線アレルギーの検査をし
た方がいいでしょう。

紫外線アレルギーの原因は?

back1

紫外線によって肌荒れしたり顔がぶつぶつになるのは紫外線
アレルギーかもしれません。

原因も色々と言われています。

顔ですと、化粧品日焼け止めも疑ったほうがいいでしょう。

それにヘアカラーだったり、内服薬が原因の可能性もあります。

新しい化粧品や日焼け止めに最近変えたとかもしあるならその
可能性はあります。

今一度、見直してみてはいかがでしょうか。

少しでも原因となってるものを中止したり極力紫外線を浴びな
いように対策を取ったりしないといけません。

日傘や帽子、サングラス、長袖を着るなどで紫外線をなるべく
避けるようにしましょう。

関連記事⇒紫外線アレルギーの対策 グッズや食べ物は?

肌荒れや顔がぶつぶつになるのは日焼け止めにも原因があるの?

upper-arms-680x510

日焼け止めによって紫外線アレルギーになる可能性もあります。

日焼け止めの中には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」と言う
成分が併用されていたり片方だけが含まれていたりします。

紫外線吸収剤とは紫外線を熱などのエネルギーに変えて放出す
るものでUV効果は高いけど、その分肌に負担がかかってきてしま
います。

逆に紫外線散乱剤は紫外線を肌表面で反射・散乱させるもので
紫外線を吸収しないので肌への負担は少ないです。

敏感肌の人の場合は肌の負担が少ない紫外線散乱剤のみを使用
している日焼け止めをおすすめします。

日焼け止めを購入するときに紫外線吸収剤が含まれていないか
よく確認したほうがいいですよ。

時に「ノンケミカル」と表示されてることもあります。

まとめ

紫外線によって肌荒れや顔がぶつぶつになったりする症状があ
ります。

単に日焼けのし過ぎとかならまだいいのですが、紫外線アレル
ギーの可能性もあるので、もし赤く腫れて痒みもあったりした
らすぐに皮膚科に受診しましょう。

日焼け止めによって症状が悪化したりすることもあるので、日焼
けどめも重要になってきます。

紫外線散乱剤のみを使用している日焼け止めの方が肌への負担
が少ないので、そちらをお勧めします。

紫外線が強い時期は長いので日焼け止めやサングラス、帽子、
長袖を着るなどの紫外線対策をして下さいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ