「主治医が見つかる診療所」腸内細菌やせ菌を増やす方法のまとめ

「主治医が見つかる診療所」腸内細菌やせ菌を増やす方法のまとめ

main_img
11月2日放送の「主治医が見つかる診療所」でやせ菌デブ菌の話を
されていました。

人の腸内細菌の中には「デブ菌」と「やせ菌」がいるそうです。

そのバランスの悪さが肥満と関係してるとの事。

やせ菌グループが「バクテロイデーテス」と言って、デブ菌グループ
が「ファーミキューテス」と言います。

そして「それ以外のグループ」がいて、大きく腸内菌は3つに分かれます。

その3つでバランスを保っているそうです。

その中のやせる腸内菌を持ってる人というのは誰の腸内にもいるそうです。

しかも、腸と肌は関係があるそうで、腸の状態がいいと肌の状態もいいそ
うで、吹き出物やニキビが少なくなるそうです。

と言う事は、やせ菌を増やせば太りづらいし、肌の状態もいいので、一石
二鳥ですね。

それは是非知りたいところです。

スポンサードリンク

やせ菌を増やしてくれるスゴイ売れているサプリはコチラ

腸内細菌のバランスのタイプとは?

 

rp_2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s-260x260.jpg
B型:脂肪を燃焼する作用が強い

P型:コレストロール値が高くなりやすい

R型:ビタミンB群の合成能力が低い

混合型:上の3つのタイプが混合
腸内細菌のバランスタイプは上記の4つのタイプに分かれます。

このタイプの分け方は検査して分かるそうです。

My kinso(マイキンソー)と言う検査でネットで自分で購入するそうです。

でも、この腸内フローラ検査は1回1万9,440円と高いですねえ。

ちょっと気軽にはできない検査ですね。

スポンサードリンク

腸内にやせ菌を増やすには?

rp_54eaa50db8f9f-246x300.jpg
やせ菌はある物質を持ってるそうです。

それは・・「短鎖脂肪酸」というもの。

短鎖脂肪酸は腸から吸収されて全身の脂肪細胞へ届きます。

脂肪細胞は脂肪を取り込んで大きくなりますが、短鎖脂肪酸は脂肪細胞の
取り込み口を塞いで脂肪の吸収をブロックします。

この動作によってやせ菌が太りにくい体を作るメカニズムとなります。

短鎖脂肪酸は腸の中を弱酸性にして免疫力をあげてくれることも分かりま
した。

やせ菌を増やすには、このやせ菌が好む餌を摂取しないといけません。

それは何かというと、野菜、つまり食物繊維になります。

食物繊維の種類とおすすめとは?

01
食物繊維には大きく分けて2つあります。

不溶性食物繊維・・キャベツとかがあてはまり、水に溶けにくく、老廃物
などを吸着して排出します。

水溶性食物繊維・・海藻などに含まれていて、水に溶けやすく、腸内
環境を改善してくれます。

食物繊維で2種類も種類があるとは知りませんでした。

この水溶性食物繊維の方を摂取したほうがいいです。

やせ菌の餌になり、やせ菌を増やしてくれるそうです。

このやせ菌を増やして短鎖脂肪酸を多く作り、やせる体にしていくといいと。

おすすめの水溶性食物繊維として「らっきょう」をあげていました。

「らっきょう」には水溶性食物繊維がとても豊富に入っています。

だからいいそうですよ。

でもちょっと待って!!!

らっきょうが痩せ菌になるというのはわかりましたが
料理手順を見る限りちょって手間が・・・

水溶性食物繊維がやせ菌をつくる方法として
バランスよくしかもサプリで取れて
美容、健康、ダイエットに効果があるサプリがあるんです

有名な商品で雑誌やネットで見たことがあるよ!!
と言う人もいるかもしれませんが今これがモニター価格で
購入できちゃうんですよ!!

らっきょうは好きだけど手間がかかるのはちょっと!!
手軽にやせ菌も摂れるんなら興味があるわ!!
数々のダイエットで失敗してきたけど手軽な方法ならやってみたい!!

と言う方はコチラがおすすめですよ^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ